栃木県市貝町
Englulish
Chinese
Korean
サイトマップ トップページへ
サイト内検索
検索
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップくらしの情報農林業人・農地プラン(地域農業マスタープラン)
 
2019年10月3日 更新
印刷用ページを開く
人・農地プラン(地域農業マスタープラン)
人・農地プランは、人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」です。
人・農地プラン(地域農業マスタープラン)とは
 農業が厳しい状況に直面している中で、持続可能な力強い農業を実現するためには、基本となる人と農地の問題を一体的
に可決していく必要があります。  
 平成24年度から国(農林水産省)が事業をスタートさせた「人・農地プラン」は、地域の高齢化や農業の担い手不足が心配
されるなかで、 5年後、10年後までに、誰がどのように農地を使って農業を進めていくのかを、地域や集落の話し合いに基づき
とりまとめるプラン(計画)です。 
 プラン(計画)のとりまとめは、町で、地域の農業の担い手(農地の引き受け手)を「地域の中心となる経営体」と呼び、農地の
集積計画や利用図を作成し、地域における将来的な農地利用の(設計図)を描いていきます。
人・農地プランついて
*** 集落・地域における話し合い ***
 ◎ 今後の中心となる経営体(個人・法人・集落営農)はどこか
 ◎ 中心となる経営体へどのようにして農地を集めるか
 ◎ 中心となる経営体とそれ以外の農業者(兼業農家・自給的農家)を含めた地域農業のあり方
   (生産品目・経営の複合化・6次産業化)などを決めて、氏名や農地所在地等を位置づけます。
   
人・農地プランには様々なメリットがあります。 「人・農地プラン」に位置づけられると以下のような支援を受けることができます。
 
 
 農業次世代人材投資事業(旧青年就農給付金)経営開始型
  ・新規独立・自営就農者に対し、経営が安定するまで年間150万円を最長5年間給付します。
  ・原則として、50歳未満で独立・自営就農する方で、就農後の所得が250万円に満たない方
  ・農地集積協力金(中心となる経営体に農地を提供する方)
 
機構集積協力金
  ・土地利用型農業(稲・麦・大豆・そば・なたね等の生産)からの経営転換やリタイア等により、地域の中心となる経営体への
 農地集積に協力する農地の所有者に対して協力金を交付します。
 
スーパーL資金の当初5年間無利子化(認定農業者)
 
 
経営体育成支援事業(適切な人・農地プラン作成地区で経営改善を目指す中心経営体等の方)
   人・農地プランに位置付けられた地域の中心となる経営体等が、融資を受け農業用機械等を導入する際、融資残について
 補助金を交付します。
 
  
------- ◆人・農地プランは、随時見直すことができます◆ ------- 
 
 
最初から完璧なプランにする必要はありません。必要な部分から始めて、順次拡大していくことで構いません。
一旦、プランを決めても、
 
◎ 新規就農者が新たに出てきたとき
◎ 集落営農・法人を立ち上げ、中心となる経営体となるとき
◎ 引退を決意して農地集積協力金をもらおうとするとき
 
などは、プランを見直せば上記のメリットを受けられます。
 
 
 
市貝町 人・農地プランの公表
市貝町 人・農地プランについて、農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)
第26条第1項に基づく協議が行われたので、同項の規定により公表いたします。
人・農地プランの実質化に向けた工程表の公表
 人・農地プランとは、農業者が話し合いに基づき、地域における農業において中心的な役割を果たすことが見込まれる農業者
(中心経営体)、地域における農業の将来の在り方などを明確化し、公表されるものです。
 このたび国の事業見直しの中で、プランを真に地域の話し合いに基づくものにする観点から、 アンケートや地図を活用し、
今後農地利用を担う経営体への農地の集約化に関する将来方針の作成につなげていくことが示されました。
 市貝町においても、「人・農地プランの実質化に向けた工程表」(PDF)に基づき、全地区を対象に以下の事業に取り組んでいきます。

 <実質化の要件>
 (1)アンケートの実施(5年〜10年後の農地利用に関するアンケート調査を行います。)
 (2)地図による現況把握(農業者の年齢階層別の就農や後継者の確保の状況を地図上に落とし込みます。)
 (3)中心経営体への農地の集約化に関する将来方針の作成(5年〜10年後に農地利用を担う中心経営体に関する方針を定めます。)
既存プランの実質化検証基準
人・農地プランの区域の全部または一部のうち、対象地区内の過半数を超える農地が、近い将来に農地の出し手と受け手が
特定されている区域であることが、既存の人・農地プランの実質化検証基準になります。
「すでに実質化していると判断される地区」PDFを公表します。
「人・農地プラン(地域農業マスタープラン)」について【農林水産省ホームページ】
本文終わり
ページのトップへ
農林課農業振興係
〒321-3493 栃木県芳賀郡市貝町大字市塙1280番地
Tel: 0285-68-1116  Fax: 0285-68-4671
E-Mail: こちらから