栃木県市貝町
Englulish
Chinese
Korean
サイトマップ トップページへ
サイト内検索
検索
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップくらしの情報保健・医療管理栄養士のちょっとおいしい話発酵食品で、体の中から健康に!
前のページへ 
2012年12月28日 更新
印刷用ページを開く
発酵食品で、体の中から健康に!
 世界各国で古くから食生活に取り入れられてきた発酵食品。日本でも、納豆や漬物・塩辛・味噌・みりん・醤油・酢・かつお節・塩麹など、和食に欠かせない発酵食品がたくさんあります。そんな伝統を持つ発酵食品がいま、健康維持に欠かせない存在として、注目を集めています。今回はそんな発酵食品の魅力に迫ってみたいと思います。
 発酵食品とは、発酵時に微生物の働きによって栄養価が高くなり、また元々の素材にはない味わいがプラスされます。大豆が納豆になり、牛乳がチーズやヨーグルトになる…と考えると、元の素材に独特の風味が加わっていることが分かります。微生物は発酵の過程で、抗生物質や免疫物質を産出したり、食材に含まれる糖・タンパク質・でんぷんなどを分解すると同時に、アミノ酸・クエン酸・ビタミン類などの成分を合成します。つまり、この代謝こそが、『発酵』の作用です。発酵することで抗酸化作用がアップし、乳酸菌により腸内環境が整えられ、便秘解消や体内の毒素を排出する効果も期待できます。発酵食品はまさに自然が作りだした天然・高栄養価の健康食品です。
しかし、何事も過剰摂取は禁物です。例えば、チーズやバターなど動物性の発酵食品は脂肪分が多く、高カロリーなので、摂り過ぎれば肥満につながる心配も。一方、日本の発酵食品の多くは植物性なので、毎日摂取するには適しています。特に調味料として、食生活に自然に取り入れるのが最も手軽で続けやすい方法ですが、その場合は塩分の摂り過ぎにならないよう注意が必要です。
 その一方、発酵食品ばかりを食べ続けていては、食生活のバランスが崩れ本末転倒です。あくまで毎日の食事にうまく取り入れるイメージで、続けて摂取できるようにするとよいでしょう。
 積極的に発酵食品を取り入れて、健康維持に努めましょう。
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
健康福祉課健康づくり係
〒321-3493 栃木県芳賀郡市貝町大字市塙1280番地
Tel: 0285-68-1133  Fax: 0285-68-4671
E-Mail: こちらから