栃木県市貝町
Englulish
Chinese
Korean
サイトマップ トップページへ
サイト内検索
検索
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップくらしの情報保健・医療予防接種について子宮頸がんワクチン
前のページへ 
2013年7月8日 更新
印刷用ページを開く
子宮頸がんワクチン
町内および県内の医療機関で行う定期の予防接種です。(個別)
病気について
○子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの持続的な感染が原因となって発症します。
近年、20〜40歳代の子宮頸がんは増加傾向にあり、約70%はHPV16、18型感染が原因とされています。
HPVに感染してもほとんどの場合ウイルスは自然に排出されてしまいますが、ウイルスが排除されずごく一部のケースで数年〜数十年間をかけて子宮頸がんを発症させます。
 
* 平成25年4月1日から子宮頸がん予防ワクチンを定期予防接種として実施していますが、平成25年6月14日に開催された国の「厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」において、ワクチンとの因果関係が否定できない副反応が見られることから、定期接種は継続するものの積極的勧奨を一時差し控えるとの議決がされました。
対象および接種間隔
【サーバリックス】
・子宮頸がんの主な原因であるHPV16型と18型の感染を予防するワクチンです。
対象者 接種間隔 回数
市貝町に住所のある小6〜高1相当の女子
*中学3年生の方は、年度内に接種が終わるようにしてください。
1回
1回目接種を0月として
1か月後
1回
1回目接種を0月として
6か月後
1回
 
【ガ−ダシル】
・子宮頸がんの主な原因であるHPV16型と18型に加え、尖圭コンジローマや再発性呼吸器乳頭腫症の原因ともなる6型、11型の感染を予防するワクチンです。
対象者 接種間隔 回数
市貝町に住所のある小6〜高1相当の女子
*中学3年生の方は、年度内に接種が終わるようにしてください。
1回
1回目接種を0月として
2か月後
1回
1回目接種を0月として
6か月後
1回
 
その他
町内の中学校に通っている対象の方には学校を通して、町外の中学校に通っている方は郵送にてお知らせさせていただきます
 
注意点
●平成25年4月1日から子宮頸がんワクチンは定期の予防接種となりました
●個別接種となりますので、町内または県内の医療機関で予約をして受けて下さい。
●子宮頸がんワクチン接種後別の種類の予防接種を受ける場合は、1週間(接種の翌日から数えて6日)以上あけてください。
 
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
健康福祉課健康づくり係
〒321-3493 栃木県芳賀郡市貝町大字市塙1280番地
Tel: 0285-68-1133  Fax: 0285-68-4671
E-Mail: こちらから