栃木県市貝町
Englulish
Chinese
Korean
サイトマップ トップページへ
サイト内検索
検索
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップくらしの情報保健・医療予防接種についてヒブワクチン
前のページへ 
2014年3月28日 更新
印刷用ページを開く
ヒブワクチン
町内および県内の医療機関で行う定期の予防接種です。(個別)
病気について
インフルエンザ菌、特にb型(ヒブ)は乳幼児の化膿性髄膜炎などの重篤な感染症の原因となっています。
ヒブによる髄膜炎は5歳未満で年間400人が発症し、約11%が予後不良と推定されています。
ワクチンを接種することでヒブ重症感染症を減少させることができます。
接種開始の月齢・年齢および接種間隔
接種開始の月齢及び年齢 接種間隔 回数
生後2か月〜7か月未満
27日以上の間隔をおいて
(標準的間隔:4〜8週間)
※1、2、3回目接種は生後12か月に至るまでに行う。
3回
3回目接種後、7〜13か月後に接種 1回
生後7か月〜12か月(1歳)未満 27日以上の間隔をおいて
 
(標準的間隔:4〜8週間)
※2回目接種は生後12か月に至るまでに行う。
2回
2回目接種後、7〜13か月後に接種 1回
満1歳〜5歳の誕生日の前日までにある者
1回
 
 
 
注意点
●平成25年4月1日からヒブワクチンは定期予防接種となりました。
●個別接種になりますので、町内または県内の医療機関で予約をして受けて下さい。
ヒブワクチン接種後別の種類の予防接種を受ける場合は、1週間(接種後翌日から数えて6日)以上あけてください。
 
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
健康福祉課健康づくり係
〒321-3493 栃木県芳賀郡市貝町大字市塙1280番地
Tel: 0285-68-1133  Fax: 0285-68-4671
E-Mail: こちらから