栃木県市貝町
Englulish
Chinese
Korean
サイトマップ トップページへ
サイト内検索
検索
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップくらしの情報税金町・県民税個人住民税とは
前のページへ 
2015年7月7日 更新
印刷用ページを開く
個人住民税とは
町・県民税とは、所得税と異なり、その年の1月1日現在の住所地で課税され、前年中(1月1日から12月31日)に得た所得に対してかかる税金です。
町・県民税とは・・・
町・県民税とは、所得税と異なり、その年の1月1日現在の住所地で課税され、前年中(1月1日から12月31日)に得た所得に対してかかる税金です。また、市貝町外に住所がある人でも、町内に事務所、事業所、家屋敷を有する場合には課税されます。
税額の算出方法
町・県民税は前年中の所得を基準として計算され、均等割と所得割から構成されています。
  • 均等割
    町民税の均等割は、3,500円です。
    県民税の均等割は、2,200円です。
    ※町県民税均等割には、東日本大震災の復興財源確保のため、町民税500円・県民税500円が加算されています。
    (平成26年度から平成35年度まで)
    ※県民税均等割には、「とちぎの元気な森づくり県民税」として、700円が加算されています。
    (平成20年度から令和9年度まで)
  • 所得割
    収入金額から、必要経費・給与所得控除等を差し引いて所得を求めます。
    次に、所得から、社会保険料控除・扶養控除・基礎控除等の所得控除額を差し引いて課税所得金額を求めます。
    これに定められた税率を掛けて税額を算出します。

    (所得割の計算方法)
    所得割額={(所得金額−所得控除額)×税率−税額控除}−調整控除
    住民税が算出されるまでの具体例
個人町・県民税が課税されない人
  • 均等割も所得割もかからない人
    @生活保護法による生活扶助を受けている人
    A障がい者、未成年者、寡婦または寡夫で前年中の合計所得が125万円以下の人
  • 均等割のかからない人
    @前年中の合計所得金額が【28万円×(本人+控除対象配偶者・扶養親族の人数)+17万円】以下の人
    17万円は、控除対象配偶者または扶養控除の対象となる扶養親族を有する人について加算します。
  • 所得割がかからない人
    前年中の総所得金額等が【35万円×(本人+控除対象配偶者・扶養親族の人数)+32万円】以下の人
    32万円は、控除対象配偶者または扶養親族の対象となる扶養親族を有する人について加算します。
納税の方法
町・県民税の納税方法は、普通徴収と特別徴収の二つの方法があり、そのいずれかによって納税していただくことになります。
  • 普通徴収(農業、個人事業者、勤務先で給与から住民税が引かれない人、退職者、65歳未満の年金受給者の人等)
    6月中旬にお送りする納税通知書により、年4回の納期に分けて納税していただくか、一括で納付していただきます。
    普通徴収の納期限
    第1期分 6月末日
    全期分の前納を含みます。
    第2期分 8月末日
    第3期分 10月末日
    第4期分 12月25日
    ただし、納期限が土・日・祝日の場合は、次にくる平日が納期限になります。 
     
  • 特別徴収(勤務先で給与から住民税が引かれる人や65歳以上の年金受給者の人)
    年税額を6月から翌年5月までの12カ月で納付していただきます。
    住民税の年金からの引き落としが始まります。
町・県民税の申告について
市貝町に住所のある人は、原則として申告書を提出しなければなりません。
ただし、次の項目に該当する人は申告の必要がありません。
  • 所得税の確定申告をされた人
  • 前年中の所得が給与所得のみの人で、会社から役場に給与支払報告書が提出されている人、または公的年金のみの人
    (各種控除を受けようとする場合は申告が必要です。)
    申告期限は3月15日です。
  • 扶養されている人で収入がない人
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
税務課町税係
〒321-3493 栃木県芳賀郡市貝町大字市塙1280番地
Tel: 0285-68-1112  Fax: 0285-68-4671
E-Mail: こちらから